看護師のバイトがばれないようにするためには

看護師として仕事をする上でバイトを禁止しているケースはそれほど多くはありません。しかしながら医療を担う重要な仕事であるがゆえに身体に疲労を残した状態で仕事をするということは避けるべきであると言えるでしょう。

 

そのため無理なバイトは推奨されるものではありませんが、仕組み上、主たる職場にばれないように働くことは不可能ではありません。そのためにはやや特殊な手続きが必要であり、税金も自分で収める必要がありますのでそれなりに面倒であると言え増すが、仕組み上は可能です。

 

一般にアルバイトの存在を勤め先に知られるのは税金の支払いを行う場合に、その職場の収入にかけられる税金以上の税金があるからなのです。看護師の場合、他の場所で仕事をしていることが分かるケースはその様な状況に限定されるでしょう。この問題をばれないように対応するためには住民税や所得税などの支払いを特別徴収と呼ばれる職場からの天引きではなく、自分で支払う納税方式にするしかありません。

 

現実問題としてこの様な対応を取ること自体が何らかの事情があることを意味しているのですが、それでも職場側が副収入の存在を知ることが出来なくなりますのでばれない方法であると言えるでしょう。